地元でライトオフショア

6/17(土)やっとのことで地元 瀬戸内海にてミニボーゲーに行ってきました。
ターゲットはキス!旬の魚です。

メバルではよく行く某島へ、港にスロープがあって船を出せるとチェックしていたポイントへ。
すぐ横のサーフではキスが釣れると情報も貰ってたので、完璧だろうと思っておりました。

ボートの準備をして出発!港内を進み波止から外へ・・・と港の外が大荒れ!
風が吹き白波が立ってるじゃないですか!(俗に言うウサギが飛んでるってやつ)
これは無理だ・・・と諦めて戻り、少し様子を見ることに。

2時間ほど待ってもダメなので諦めてボートの荷物を片付け始め、後はボートエースを車に乗せるだけってとこで、念のため港の外側をチェックしたら、おさまってる?!マジデ??
一時的なものかもしれないからと、30分ほど様子を見るも穏やかなまま。w
準備して再度出発することにした。(;・∀・)

まずはサーフを通り越して人が入れない地磯の前(水深10m)から流し始めたんだけど、まー釣れない。w
釣れるのはイトヒキハゼばかり。
その後サーフでレジャーを楽しむ家族連れの真ん前でやったけど釣れず・・・。

元の港の沖堤周りでやっと小さなキスが釣れた、でもこれじゃおかずにならんなぁと、港の横の地磯方面へ。
プレジャーボートがいたので邪魔にならないように地磯周りを探して、やっと見つけたのは港の波止の外側地磯前!近っ!w
ここで良型が釣れ始め、なんとか食材確保できました♪

 

翌日6/18(日)今度は更に地元の内海エリアへ。
この日は『二人乗りテスト』ってことで、ザキさんを拉致しました。w
ザキさんはデイボートアコウってことで、まぁ適当に沖堤周り狙いでやってましたが・・・さっぱり。
デイでは水深が必要みたいです。

僕はキス狙いでしたが、こっちも不発。
結構(僕の中では)かなり長距離移動して探しましたが、諦めてキス狙いに転じたザキさんが巨ベラ釣ったりイトヒキハゼ釣ったりするだけ。w

日焼けしたくないと長袖にパーカーのフードまでかぶって、見てる方が暑いですが。w

結局釣果はイマイチでしたが、僕的には二人乗りのテストが出来たことと、簡易サイドフロートの問題点がチェック出来たので満足でした。

そしてキスの刺身はうまかったです。(皮を手で剥いだら見た目悪くなったけど。w)

Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です